ハイカロリータイプ醫薬品経腸栄養剤
エンシュア??H コーヒー味のリニューアルおよび製造開始のお知らせ

  • 高齢者にとって死亡率上昇のリスク要因となる低體重?低栄養を改善し、少量でバランスのとれた栄養摂取が可能なハイカロリータイプの経腸栄養剤です。
  • 7種類あるエンシュア??Hの中でも、特に人気の高いコーヒー味について、65歳以上の高齢者が好む第一次コーヒーブームの味を再現し、飲みやすさとアドヒアランス向上を追求しました。

2020年7月27日 ― アボットジャパン合同會社(本社:東京都港區、代表執行役員社長:天野 総太郎)は、経腸栄養剤(経口?経管両用)「エンシュア??H」のコーヒー味をリニューアルし、新たに製造を開始したことをお知らせいたします。

今回のリニューアルでは、経腸栄養剤の服用継続(アドヒアランス)に重要とされる「味」の改良を行いました。

現在65歳以上の高齢者の多くは、1950年代~60年代の第1次コーヒーブームを経験し、インスタントコーヒーやコーヒー牛乳など、家庭で身近にコーヒーに親しんできた世代です。

「エンシュア??H」コーヒー味のリニューアルにおいては、その第1次コーヒーブームの頃の風味を追求しました。特にコーヒー獨特の香りやビター感をアップさせ、當時の味を再現しました。

日本においては65歳以上の高齢化率が28.1%と世界でも最も高くなっており、またそのうち16%が低栄養傾向とされるBMI20以下となるなど、高齢者における低栄養は大きな課題となっています。また、フレイルやサルコペニアといった病態も近年話題になっており、高齢者が適切に栄養を摂取していくことの重要性が注目されています。高齢者では加齢に伴う基礎代謝量の減少や食事量の減少だけでなく、嚥下機能の低下や病的理由により食事量が減少するため、経腸栄養剤などで必要な栄養を補うことも重要となってきます。その際に鍵となってくるのはアドヒアランスです。高齢者の経腸栄養剤のアドヒアランスにおいては、少量でバランスのとれた栄養摂取が可能で、味が良く、味の種類が多いことが好まれる傾向にあります。

エンシュア??Hは、醫療用醫薬品に指定されているハイカロリータイプの経腸栄養剤です。250mL/缶で375kcalの摂取が可能で、たんぱく質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルなどを効果的割合で総合的に配合しています。味は、全部で7種類(バニラ味、コーヒー味、バナナ味、黒糖味、メロン味、ストロベリー味、抹茶味)あります。

アボットジャパン合同會社 マネージングエグゼクティブオフィサー 、栄養剤製品事業部プレジデント の武知秀幸は、「私たちは、患者さんが継続して経腸栄養剤を服用して頂くためには、いかに少量の中に高い栄養を入れられるか、という科學の側面と、服用される方々の目線に立ち、より好まれる、継続しやすい製品を生み出し続けていくことが大事だと考えています。そのためには、今後もアドヒアランス向上を目的として製品改良を続けていきます。」と述べています。

栄養成分組成

エンシュア??Hは1缶(250mL)中に下記の栄養成分?分量を含有しています。

アボットについて

アボットは、人々が人生のあらゆるステージにおいて最高の人生を送ることができるようサポートするグローバルヘルスケアリーダーです。業界をリードする診斷薬?機器、醫療機器、栄養剤、およびブランド ジェネリック醫薬品分野の事業および製品を含め、人々の生活に大きな影響をもたらす畫期的なアボットの技術は、ヘルスケアの広範な領域にわたっています。現在、世界160カ國以上で、約107,000人の社員が活動しています。

アボット(www.abbott.com)、アボット ジャパン(www.barreautanger.com)、リンクトイン(www.linkedin.com/company/abbott-/)、フェイスブック(www.facebook.com/Abbott)、ツイッター(@AbbottNews、@AbbottGlobal)も合わせてご參照ください。

true
accessibility

このウェブサイトを離れ、アボットの別の國のサイトもしくは特定地域向けのサイトに移行しようとしています。

お客様がアクセスしようとしているウェブサイトは、そのサイトに記載されている特定の國または國々の居住者を対象としていることにご注意ください。 そのためサイトには、他の國々や地域では認められていない醫療品、醫療機器、その他の製品に関する情報や、用途についての情報が含まれている場合があります。


またアクセスしようとしているウェブサイトが、お客さまのスクリーンサイズ向けに最適化されていない場合もあります。

このまま當社のウェブサイトを離れてもよろしいですか?

accessibility

アボットグループのウェブサイトを離れ、第三者のウェブサイトに移行しようとしています。

アボットの世界各國のウェブサイトから移行した先のリンクは、アボットの管理下にはなく、アボットはそのようなサイトのコンテンツや、サイトに含まれるリンクについて、いかなる責任を負うものではありません。 アボットがこれらのリンクを提供しているのは、お客さまの便宜を図るためであり、アボットがリンク先サイトを承認していることを示唆するものではありません。


またアクセスしようとしているウェブサイトが、お客さまのスクリーンサイズ向けに最適化されていない場合もあります。

このまま當社のウェブサイトを離れてもよろしいですか?

小草青青手机在线视频